2011年03月29日

当たり屋・・・つづき

以前、歩行人がミラーに当たってきていいがかりを付けられました。
その一週間後、同じ場所で同じ目にあっている人をみかけたこともお話しましたよね。

その1週間後、夫が借りている車庫の出口にまたその数人がいたらしいんです。
うちの駐車場から歩いて3分くらいの所。

やっぱり本格的な当たり屋なんだと思ってました。

昨日、マンションの管理費を払いに行った時、夫がこんな話を聞いてきたんです。

「その連中は麻薬をしている。」

ぞっとしました。麻薬してたらこわいもんなしに当たってきそう・・・。
こちらで麻薬は相当重い罪なんですよ。
でも、どこかで売買されているんだなぁ・・・。

もう4年ほど前だけど、ある大きな橋(車も人も自転車も通る)を子供と歩いていたら、銃を受け渡ししている所をみかけたんです。
ほんとにぞっとしました。

怪しい人の近くには寄らない事が一番かな。

私の住んでいる所は街中なんですが、それでも裏通りには、まだまだ開発されていない地区があるんです。そこには平屋の古い住宅が並び、家賃が安いこともあっていろいろな人が住んでいます。
夏になるとよくわかるのが、刺青をした人がすごい多いということ。

冬はわかりにくいけど、夏になると上半身裸でそこら辺を歩いていたり、トランプで博打をしたりしているので一目瞭然。びっくりしたのは、毛沢東の刺青をしている人がいた事です。あのひとはカタギかもしれないけど。

それと日本と似ているのは、その人たちの髪型・・・。ぼうずが多いんです。

これからも、ぼうずの人には気をつけよう・・。
posted by 森のあるじ at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

その後

当分ブログを書く気にもなれませんでした。たとえ何かを書いても目の前にある惨状に不似合いで浮かれている、もしくは偽善者ぶってる・・そういう感覚しかもてなかったからです。
でも、また元のように更新していこうと思えてきました。


今日のニュースで、被災者の方々が一台しかないテレビを囲み高校野球の応援している、その時は苦しい事も忘れてしまったとありました。
悲しむだけではなく、前に向いて歩く、そういう時期がそろそろやってきているのでしょう。

テレビをみている視聴者が、それを編集しているテレビ局の人が、精神的苦痛を感じ体調を崩していると報道もみました。北野武も震災後、「精神安定剤ないとやっていけない・・」と惨状を見て本気で言っていました。


わかります、私もそうでしたから。


阪神大震災が起こった時、毎日テレビを見て心を痛め、最後には胃が痛くなり体調を崩した事を思い出しました。体調を崩した事は誰の役にもたたず、ただ自分を傷めつけるだけの意味を持たない現実でした。

みんなが愕然とし、ショックをうけたこの震災。
でもこれからは元気になって前を向いていかないと・・と本気で思っています。
だから、今まで通り中国の生活を報告していきますので、これからもよろしくお願いいたします。
posted by 森のあるじ at 19:46| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手品を観に行く

週末、夫の上司の招待で手品を見に行きました。
手品を生で見るのは初めてかも・・。

この街の観光地??「古文化街」というおみやげ物屋が並ぶ場所。
20110326008.jpg

この一角の部屋で手品は行われるようです。(多分、手品師をここに招いたのでしょう。)

テーブルの上に、おわんとスポンジのボールなどが用意してあり、なんだか安物の手品が始まる予感。娘に、「今日は絶対トリックを暴いてみせる!!」と豪語したわたし・・・
だって、みるからに暴けそうな小物が並んでいましたから。

20110326019.jpg

ところがどっこい、手品が始まるとそれはそれは本格的だったのです。
20110326029.jpg

うちの子供は目を丸くして驚き、子供のみならず大人も年寄りも、そこに招かれていた十数名が信じられないと口々にいいました。

物が移動する手品はそれほど珍しくないのですが、一番びっくりしたのが・・・。

手品師が両手に空のおわんを持ち、「はっ!!」というとそこに水が溢れるように湧く、それを飲み干して空にしたあと、また「はっ!!」というと満々の水が・・・。
私たちは、至近距離でそれを見ているんです。

その人から50センチくらいしか離れていません。

どの手品も、近くでみても手品師のうしろで見てもいいと言うんです。

とにかく、マリック並の超マジックで、終わったあともみんなで、「あれはこうだろうか?それとも、いやいやそんなはずはない・・」とあれこれ語り合いました。

ひとり国宝級の科学者といわれるおじいさんが来ていたのですが、これだけは科学でも解明しにくい・・・「お見事!」と言っていたのが印象的でした。

その手品師がトランプの手品をひとつ教えてくれたので、家に帰ってから娘と一緒に試してみました。
道理はわかるんだけど、テクニックが伴わずやっぱりあのひとはすごいなっと親子で話した週末でした。


posted by 森のあるじ at 18:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

節電

地震から1週間が経ちました。

こちらでも多くの友人、学生から今回の地震に対する心配、応援、激励の声をかけていただきました。中国でも、地震は毎日のトップニュースとなっています。

昨日は、「塩が市場から消えているので、早く買って日本に送ってあげてください。」とある学生からメールが来ました。
すぐさま日本のネットニュースをみると、そう騒いでいるのは中国だけで、日本ではこのような事態が起きていないようでした。

もちろん、学生の好意なので知らせてくれたことには感謝していますが、ある情報はデタラメや、さらに不安を煽るようなものもあるので、気を付けないといけません。

昨日八百屋でお勘定をするとき、「ちょっとまってね、実家に電話するから、ほら日本で地震があったでしょ?」と言われすこし待っていました。その人は遠い実家の両親で電話をして、地震による放射能などの被害がないか聞いていました。中国国内でも、放射能の心配をする声をところどころでききます。


震災後、お腹一杯に食べさせてもらう時、被災者の人の事を思い出します。そして、洗い物をしているときも、水があることへの感謝でいっぱいです。
私が水や電気を節約することが、直接被災地への影響はないけれど、今までの無駄を見直したいと思いました。

一日も早く、被災地に燃料や食料、医療品がとどきますよう・・・・。
posted by 森のあるじ at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

大地震

大変な地震が起きてしまいました。

私は昨日、その時間外に出かけていたので地震が起こった事はしらなかったんです。
夕方、夫の弟から電話があり、
「日本の家族大丈夫?」と聞かれました。

一体何の事かわからなかった私にこう言いました、
「えっ?知らないの?日本ですごい地震がおきたんだよ。」

すぐさま、日本のテレビをつけると、死者は18名。
でも、空港をのみこむ津波の様子をみると、被害はさらに巨大なものになる予想がつきました。

中国でも、日本の地震に関するニュースは大きく報道されています。
夫も仕事先から電話をしてきて、家は大丈夫かどうか聞いてきました。

まわりの同僚達も、携帯で地震に関するニュースを見ていて、「かなり大きな地震だから、奥さんに電話をしたら」と言ってくれたみたいです。

昨日から、テレビで地震の情報を観ていますが、本当に言葉もでません。
またこれ以上の被害がでないよう、一人一人意識をもって自分をまもってくださいね。

そして、日本のみなさんの安全を遠くから祈っています。

posted by 森のあるじ at 12:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

いいがかり

10日ほど前に、子供を迎えに行き、うちの門の近くまでたどり着いた時でした。
その道はとても狭いのですが、前方に若い男が二人車道の真ん中を歩いています。

「なんで歩道を歩かないの?」と思いながら、ほとんど速度をださずに進んでいました。
その男は、私の車のすぐ脇を歩き、ミラーにわざとのようにぶつかってきたのです。

「なんやの!」と思ったのですが、責めてもけんかになるだけだから、もういいわと思ってそのまま門に入ったんです。

すると、私のあとを追いかけてきて、
「人にぶつかっておいて逃げる気か!」といちゃもんをつけだしました。

あまりに腹がたったので、「なんで、歩道を歩かないの?」というと、
「人をひいて、なんや!警察に電話するぞ!」

というので、「私は逃げません。警察に電話しましょ。」と門の前に車を止めて、携帯を取り出しました。

実はその男、警察に電話をするというのは脅し文句で、実際私が携帯を取り出す所をみると、
「最初から、謝ればすむことやろ!いい年して、なに考えてるんや。」

上記よりももっともっと酷い言葉を使ってめちゃくちゃ罵ってきました。

面倒臭いと思い、
「すいません。」と言うと、

さらに酷い言葉で罵ってあちらへ行きました。
その後姿にもう一度、
「ごめんなさいね。」というと、またおかしな事をたくさん言って去っていきました。

彼は、お金が取りたかったのに取れない不満を私にぶちまけているよう・・・。
今度から私もそんなやつがいたら、車を止めて動かない方がいいなと、反省材料にはなりました。

そして先日。

夫と買い物に出るとき、私がいちゃもんを付けられた所に一台の車がとまり、周囲に数人の男と運転手と思われる人が携帯電話をだして、なにか言い合いになっていたのです。

それが、なんとこの前のあいつなんです。

まったく同じ手ぐちでミラーにあたったようで、運転手は「ここでは後ろの車が通れないから」と私と同じ門の前に車を置き直していました。

すると、その男は私の方をちらっと見たのです。
きっと覚えているはず。
震えが来ました。

買い物の帰り、門の警備員にさっきの事どうなったと聞くと、
「運転手が200元渡して解決したみたい。」と言ってました。

本当に当たり屋だ!
この近所に住んでいるのか、なんか毎週同じ所で同じ事をしてるんじゃないのかな?

気を付けないととまた心に誓ったのです。
posted by 森のあるじ at 15:57| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。