2012年04月25日

洗車屋

私が思うに、中国はガソリンスタンドの数がものすごく少ない。
日本だったら、大きな幹線道路の一、二キロに一件はあるんじゃないかな。
こちらでは、走るついでにガソリンを入れるというより、ガソリンを入れにスタンドまでいかなければなりません。
走れど走れどガソリンスタンドが見つからないなんて事はざらです。

そしてガソリンスタンドに、洗車や修理などは兼ねていません。
それらはそれらで、個人の店があります。

洗車の店ですが、多くは 汽車美容店(汽車とは中国語で車の事)と看板を出しています。

汽车美容.jpg

それにしても車の美容なんてね。すごくいい感じの所みたいだけど・・・。
ちなみに洗車は日本円で500円から800円くらいします。
すごく高いと思いませんか?日本とかわらないですよね。

でもこちらでは一戸建てが少なく、ホースを使って自分で水洗いなんて環境はありません。
洗車する場合は、バケツに水をいれて雑巾でふくしかありません。

数年前に比べたら、街を走る車のランクはすごく上がっている中国。
そして、自分の車をいつもきれいにしたいという意識もでてきており、走る車はわりときれいにしてあります。(業務用車をのぞく)

うちの旦那の車は、一ヶ月いくらか払うと毎日拭いてくれるサービス(といっても掃除のおじさんにだけど)を頼んでいます。実際、しょっちゅう洗車するよりも、安くつくかもしれません。こっちは黄砂がすごいので、洗ってもすぐよごれますから。

posted by 森のあるじ at 13:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前回、中国に行った時、汚い車ばかり走っていた印象がありますが、最近の北京などの車の列を見ると、随分、きれいな車ばかり、走っているように見えます。
ガソリン スタンドが少ない?ちょっと、信じられないねー。
私たちの地域で、最近、ガソリンスタンドが閉まっているのを良く見かけます。
広い敷地がそのままになってね。競争が激しいのかな?
若い人の車離れが言われていますがそんな影響があるのかな?
それと反対に中国では世界一の車社会になりつつあるのに、何故、スタンドが増えないのかなー
Posted by アド at 2012年05月03日 11:28
アドちゃんへ
みんな結構車をきれいにしてます。
雨が降ったらすごく汚くなるんですが、次の日は洗車屋が大儲け。
列を無して,洗車待ちです。
こちらは黄砂もすごいから、すぐ車が汚れるんですが、車を洗う余裕が出てきた人が増えたという事ですね。中国もどんどん変わってきています。
Posted by 森のあるじ at 2012年05月04日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。